目には目を。

泣き顔には泣き顔を。
まだ生まれたての頃、ギャン泣きされてへとへとだったときになんとなく思い付きで泣き顔の写真をバシバシ撮りまくってみたら少し気が紛れてメンタル復活したものでした。
それを応用してスマホでギャン泣き姿の動画を撮ってみたのです。
そしてまたしても思い付きでぐずる息子に見せたら泣き止んだ!
音の出るオモチャやテレビの画面、なにより鏡に映る自分の顔に興味津々だったからもしやと思ったんだよー。
抱っこアピールみたいな軽いぐずり泣きのときに見せると、
「ふえっ…ふえっ…(動画再生)…!?…っっっ!?」
っとピタリと泣き止むので面白い。
で、スマホに映る自分の顔を両手でぺちぺち触りまくる。
とにかくひたすら触りまくる。
うっかりすると私からスマホを取り上げてガン見。
さらにうっかりするとスマホを口に入れようとする(笑)
この様子がたまらなくかわいい!
キョトンとした顔で、
「どうしたのー?なに泣いてるのー?」
ってスマホの画面に語りかけてるみたいで(親ばか目線)。
我が家では車の中でチャイルドシートでぐずりだしたときに効果絶大です。
本気でギャン泣きしてるときは効果ないです、そういうときはなにやってもだめだけど。
なのでギャン泣きされてストレスフルなときは動画撮影で息抜き、ぐずり泣きのときはオモチャのひとつとして動画再生。
泣き顔動画を定期的に増やすのも後から見返すと楽しいかな?と撮りためてみようと思います。
ちょっと前に撮った動画ですらなんかもう懐かしく見える不思議(笑)
テレビ画面で見るほどのものではないからスマホで十分です。
ちなみに動画は1分ちょいくらいが最適。
◆うんち記録◆
18時頃に1回。