食べ物と母乳。

昨日からずいぶんと秋らしい陽気になりました。
昼間の日差しは結構強め、でも吹きこむ風はカラッとさわやかな乾いた冷たい風。
台風が過ぎて待ちに待ったお洗濯日和ですね。
昨夜から今日にかけてなんだか両胸が強めに張ってちょっと痛かったです。
先月、退院早々に乳腺炎になってから食べ物には結構びびってました。
というのもそのときの原因が自分ではなんとなくわかっていたので…。
たぶん、もち米。
退院当日に親戚のおばさんが炊きたてのお赤飯をたんまり持参してくれ、翌日からのお盆では親戚一同が集まった席で大好きなおはぎをほおばり…。
その夜に限ってたまたま息子が夜ぐっすり寝たため授乳感覚が開いてしまい迎えた朝にはもう寒気と発熱。
母乳外来で助産師さんに乳搾りされながら、
「やっぱり私が食べた物がダメだったんでしょうかねー?」
って聞いたら、
「うーん、実際のところ食べ物だけが原因かどうかわからないのよー。つわりと同じで、同じ食べ物でも詰まる人と詰まらない人がいるし、同じ人が同じ物食べても詰まるときと詰まらないときあるし。詰まった時にママが疲れてると熱まで出しやすいかなー?」
って感じでした。
たしかに熱を出したのは退院直後でまだ体力も万全じゃなかったし、何より夜間の頻回授乳で寝不足でヘロヘロしてたし。
そして今。
乳腺炎が完治するまでは食べ物は厳重警戒してたんですが、おさまってからは少しずーつ少しずーつジャンキー?なものも口にしてみたり。
アイスとか和菓子とか。
食べるのはなるべく夕方までの時間帯。
というのも上記の助産師さんに、
「あれもだめ、これもだめ、でママにストレスがたまるのもよくないよ。子育てはまだまだ始まったばかりなのに苦しいと感じたら続かない。息抜きになるなら自分へのご褒美として甘いものを食べるのも大切。ただ、食べた後に母乳をたくさん出せる時間帯(朝~夕方)がいいよー!」
と言われたのです。
なるほど、夜に食べてそのまま爆睡したら大変だ…。
そんなわけでチョコチョコと自分を甘やかしてどれくらい食べると危険信号か実験してます。
でももち米は今のところ試してないです、絶対詰まる気がするので。
私の従姉も母乳過多で、しかももち米で詰まったって言ってたので…。
で、やっぱりアイスとか油ものを食べると胸の張りが強い気がします。
もともと母乳の量が多いようなんですが、授乳後のフニャフニャから満タンのカッチカチになるまでの時間が短い。
でもカッチカチになる前にちょこちょこ頻回授乳してあげればまたフニャフニャに戻るので、甘いものとか食べても「いつもより多めに授乳」してあげれば熱も出さずしこりも残らず過ごせました。
でもって昨日はついつい「まぁいっかー」と油断して夜(夕食後)にアイスを食べてしまった私です。
その後の授乳は2~3時間おきだったので特別長時間あいたわけでもないのに息子が起きる前に両胸がカッチカチで事前に手で絞って張りを抜かないと痛くて眠れない状態でした。
反省…。
今日も夕食後に夫がアイスを食べていて、「私もー」と出かけたけど我慢我慢。
今朝までカッチカチ状態だったのを今日一日こまめに授乳してやっと両方フニャフニャまで戻したので今日はおとなしくしてます…。
自分の癖?を知るとちょっと肩の力が抜けるかもなー。
といいつつ、夫が私の大好物の「アラポテト」を買ってきてくれた。
秋と言えば毎年私が楽しみにしてるお菓子(笑)
嫁の大好物を見て私のために買ってきてくれる気持ちに感謝しつつ、「一気に食べずに数日に分けて少しずつ」食べることができるのか私…。
夫に試されている気分。