生後0か月まとめ。

退院してから今日までの産後1か月、ほんとはじっくりいろいろ記録に残しておきたかったけどそんな時間は皆無でした…。
はがゆいー。
なので覚えている限り書いておきます。
◆乳腺炎
その単語は耳にしていたけれど私もなるとは…。
退院後1週間くらいした朝にいきなり寒気、体温測ると37.8度。
夫が病院に電話して「解熱剤飲ませていいですか?」と聞いたら「乳腺炎の可能性があるから今すぐ来てください」とのこと。
言われてみればおっぱいが張った時とは違う痛みが2日前くらいかたあった…かも…。
乳房全体がピリピリする痛み、そして熱を出す前日は珍しく夜中に3時間の連続睡眠をしてくれて、疲れていた私も熟睡してしまったおかげで朝にはおっぱいがパンパン。
病院で助産師さんに見てもらったら黄色い母乳が出てきて「乳腺炎だねー」とのこと。
おっぱいは痛いし熱出て辛いし頭も痛いし、でも授乳はしなくちゃだし、との苦行を強いられる。
助産師さんに乳搾りしてもらって解熱剤の頓服と抗生物質を出してもらい帰宅、発熱は3日ほど続きました。
病院(母乳外来)へ3~4日に1回のペースで通いひたすら乳搾りしてもらう日々。
結局完治まで10日くらいかかりました…。
◆オムツのサイズアップ
布&紙併用の予定だったけど乳腺炎とかで布おむつに気を配る余裕を失い「授乳になれるまで紙で行こう」ということに。
そんな中、気がつくと新生児用オムツのテープが止めにくくなってきたことに気づく。
ウエストはまだ超余裕、だけど足まわりが太くて跡がくっきり残りはじめました。
あと、足まわりに長さを撮られるのでテープを止める位置が徐々にへそ下になり腰ばきに近くなってくる感じ。
たまたま8月のひよこクラブにサイズアップの目安みたいな特集が合って「ウエストがゆるくても足まわりが窮屈ならサイズアップを」みたいに書いてあったので思い切ってSサイズデビュー。
メリーズとパンパースのSサイズを購入してみたらメリーズはウエストがゆるすぎたもののパンパースはちょうどいい感じ。
あとで調べたらメーカーによって同じ「S」でも寸法が全然違うのね!
ちなみにSサイズデビューは生後4週間くらいのあたりでした。
たぶんまだ新生児用も使えると思うんだけど「1袋買い足すのは躊躇する」って微妙なとこだったのです。
◆葬儀
24日に私の祖父が他界しました。
もう大往生でだいぶ前から意識もなく老衰だったので哀しいというより「お疲れさま!」って感じのお見送りでした。
ただ、私は結構体がしんどかった…。
それまで頻回授乳に少しだけ慣れてきて、昼でも夜でも時間ができた隙に短時間でも寝る!っていうのができるようになってきたけどお通夜や葬儀、その準備やらなにやらではさすがに昼間はフル稼働で寝れず。
かといって、夜は通常通りの授乳で夜もあまり寝れず。
とにかく睡眠不足でした。
息子もいきなり外界に連れ出され、知らない人にたくさん顔をのぞかれ、ストレスがたまったのか葬儀が落ち着いた後の数日は泣きぐずりが悪化してしまいました…。
ちょうどそのころと「急成長期」と呼ばれる生後3週間が重なったってのもあるかと。
◆授乳
生後1カ月はひたすら授乳授乳の毎日でしたね。
もう書きたいことの大半は授乳のことかと思います。
乳腺炎になったあと助産師さんの乳しぼりが功を奏したのかおっぱいの出がすごくよくなりました。
おっぱいが張りすぎた時は授乳前に軽く手で絞るんですが何本もの腺からピューっとあさっての方向に飛んでしまう始末…。
入院中は乳首が切れたりかさぶたができたり痛くて痛くて仕方なかったけど、今では傷もすっかり綺麗になりました。
ただまだちょっと痛いときがあるのは息子が大きくなったことでポジショニングが悪くなってるのかも。
夜間授乳に関しては一時期ちょっと精神的に参った時期もあったけど【添い乳】を覚えてからずいぶん楽になりました。
毎日すると癖になっちゃうかなー?と思い私の体がしんどい時の必殺技として使ってますが、「疲れたら添い乳すればいい」という選択肢があるだけで夜間授乳が精神的にずいぶん楽になりました。
◆息子の成長
重くなった、ほんと重い…。
産まれたときは3,605gで最初の3日で3,300gまで減ったもののその後みるみる増えていった我が子。
22日に黄疸の再検査(→数値問題なしだった)しに行ったときすでに4,100gを超えていた。
抱っこするのも30分を超えると腕が痛い…。
私はもちろん、夫や母も「重くなったな―」と実感してます。
まぁ母乳だけだから増えてる分には問題なしってことで心配はしてないんですけどね。
心配なのがゲップ!
どうにもこうにも上手に出してあげられない私…。
ここ1週間くらい、授乳後の吐き戻しがいきなり増えた気がします。
それまではゲップ出さなくても吐かなかったり、吐いてもテロテローってくらいだったのにここ数日はドバーッっと出ます。
でも本人はキャッキャと元気いっぱいなので病気とかではなさそう。
で、ドバーっと吐いた後にゲボオオと赤ちゃんらしからぬゲップをしてスッキリした顔をするのでやっぱゲップが原因なんだろうなーと。
今日も吐き戻しのせいで3回着替えました、台風のせいで洗濯物が乾きにくいのに…。
上手にゲップ出してあげられない自分にへこむ。
いろんなサイト見ていろいろ試行錯誤してるけどなかなかうまくいかないです。
難しいなー。
◆私の体調
乳腺炎がしんどかったっていうの以外はとにかく「眠い!」ってとこでしょうか。
まだまだ頻回授乳なので連続睡眠は長くても2時間前後、たまに息子が夜3時間半くらい寝てくれて私も3時間近く寝れるチャンスが来るのですが3時間を超えるとおっぱいがカッチカチに張ってしまい目が覚めてしまいます。
なので1日中眠いです…。
もともと寝ることが何よりのストレス解消だった私なので睡眠不足はほんとしんどい…。
出産にかかわる体調はほぼ回復した気がします。
切開なしだったのはやはり大きいかと。
子宮が戻る痛みは退院後ほぼなし。
悪露は生後2週間くらいは結構な量の鮮血があったもののその後1週間くらいかけて色がだんだん褐色に変わり生理の終わりかけみたいな色に。
そして先週から今週にかけてその量も減っていき、昨日からもうナプキンいらずです。
退院してから数回だけ、足の付け根がスキッと痛むことがあったので骨盤周りはまだ戻りきってないと思います。
体重は妊娠前+1キロまで落ちました、母乳ってほんと痩せるんですねぇ…。
ちなみに出産前のマックス体重は妊娠前+11キロでした、お恥ずかしい。
なので1カ月で10キロ減ってとこです。
でも妊娠前の体重も「最近ちょっと太ったなー」って時期だったので妊娠前よりさらに減ってもらいたいところです。
食欲はあるので結構食べてるけど減ってます、ミラクル!
でもマイナス10キロになったあたりから減りが緩やかになってしまったので食べすぎないように気をつけなくては…。
ほんとはもっと記録に残しておきたいことがたくさんあったはずなんだけど、いかんせん時間が経ってしまったのでこれが限界かなー?
そして明日(9/5)は早いもので1カ月健診です。
なんとか、検診前に出産から今日までのまとめ記事を残せてよかったー。
あとは思い出したらチョコチョコ追記していけばいいかな。
後日、このブログを本にして二人目出産のときや息子が大きくなったときに読み返せるようにしたいのです。
なので自分に向けて書いてる要素も強いのでこっそり後から編集とかしたりしてます。
はー、一気に書いたら疲れた!
ちょうどそろそろ息子がおっぱい欲しさに起きそうな動きをしているぞ。
とりあえず、記録に残せてよかったです。