入院生活まとめ。

出産当日は病室に移動したのがすでに22時手前だったのでもう静かに就寝準備。
でもアドレナリン放出しまくりで眠れない。
何より横にいる我が子がかわいすぎて眠れない。
夫と興奮気味に我が子をひたすら見る、見る、見る。
ちなみにこの産院、出産当日から母子同床です。
つまり母も子も一緒のベッドで寝る。
もちろん大変な時は預かってもらえました。
なので病室には私と夫と産まれたばかりの息子。
まだどこか他人事のような感覚と、目の前にいる新生児と、不思議な感じでしたけどすっごい嬉しかったなー。
入院生活はあっという間でした。
出産当日(0日目)~入院2日目
とにかくなにもかもが初めて。
授乳も赤ちゃんの抱き方からくわえ方から授乳クッションのセッティングの仕方まで初めてだらけ。
でもまだアドレナリンの後遺症かテンション高めで乗りきる。
赤ちゃんは非常によく寝る子で授乳感覚が長めでちょっと心配するも入院2日目あたりから頻繁にゴクゴク飲み始める。
私の体はまだ下半身が重く腰回りに鈍痛、後産?的な子宮の痛みもたまに襲われるけど我慢できないほどではないレベル。
赤ちゃんの体重は減り続けるも想定内なものの、黄疸が出始めて数値ギリギリと言われる。
出産当日と翌日の二日間は夫も病室に泊ってくれました。
入院3日目~5日目
黄疸数値が基準値超えってことで光線治療開始。
別々に話されるかと思いきや光線治療器が赤ちゃんサイズでベッドの上に乗るタイプだったので、引き続き母子同床のまま治療開始。
でも装置用の衣服を着せられた上に治療によって代謝があがるせいかムズムズ泣きぐずりが止まらないようになる。
ついに4日目の夜、私の許容範囲を超えて涙があふれてしまう。
「産後は涙もろい」を痛感してツイッターに愚痴ったらそれを見た夫が深夜にも関わらず病院に駆けつけてくれてそのまま泊ってくれた。
その晩は赤ちゃんが泣いても夫が寝かしつけたりオムツ交換もしてくれたので私は授乳だけに専念し、なおかつ夫が話し相手になってくれたので精神的にものすごい回復。
この日の夫は神がかり的に優しかった、ほんと感謝。
入院6日目~退院当日
光線治療は2日続けて翌日(6日目)は治療なしで過ごし、退院当日の朝に血液検査をして基準値以内ならその日の退院という予定でした。
6日目は治療器から外されたせいか赤ちゃんの泣きぐずりが嘘のように消えてとても安定した1日でした。
顔はまだ黄色かったけど黄疸の数値は見事クリア!で退院決定。
退院当日に病院の肌着を脱がせて自分で買った肌着と洋服を着せたのがワクワクした!
そして我が家へ。
入院中は家族はもちろん、友人たちも多くお見舞いに来てくれました。
一番しんどかったのは光線治療で泣きぐずりがやまない我が子と産後のホルモンバランスで涙もろい時期がかぶってしまったことでしょうか。
ほんと、夕方~21時過ぎまで病室にいた夫が帰宅した瞬間に涙がぶわっとあふれてきましたねー。
翌日もポロポロ泣きながら授乳してました。
夫はもちろん、同級生の友達からもたくさん励ましてもらって夜中でもほんと心強かったのを覚えてます。
泣きながら感謝してました(笑)
本来なら入院は出産当日+5日なんですが黄疸治療のため1日延期。
でも無事に数値が下がってほんとよかったです。
まぁ、母乳だと黄疸出てしまうのは仕方ないみたいですね。
先生はもちろん、この産院では助産師さんたちにほんとお世話になりました。
昼間はもちろん深夜も2~3時間おきに見回りに来てくれて何か困ってないかとか懇切丁寧に気にかけてくれました。
もちろん寝ている場合もあるので、夜中はノックも小さくソーっと入室してくれて。
授乳にてこずったり、赤ちゃんが泣きやまない時に個室なのはすっごい助かりました。
シャワーもついてたから好きな時間に入れたし、夫も入れたし、私が入浴中は赤ちゃん長めに預かってくれたし。
何よりどの助産師さんもハズレなしでいい人だったなー。
そうそう、ご飯。
ご飯はとにかく【母乳のため】を考えた和食でした。
しかも夜ごはんの時に夜間授乳用?のお夜食(おにぎり)がついてくるのがすっごく助かった。
深夜の授乳はお腹すくんですよー、まだ細切れ睡眠に慣れてない時期だからあまり寝れてないし。
私の体調は出産当日と翌日はさすがに排尿時に「う…しみる…」って痛みがあったものの3日目にはそれも忘れ、お通じも恐る恐るだったけど難なく無事再開。
やっぱり会陰切開なしって母体の回復が早いんだなーって感じました。
産後4時間後に病室へ移動するのも普通に自力で歩いて移動できたし。
余談ですが、夫は出産当日から退院まで休暇がとれた(出生休暇とかあるらしい)ので毎日病院に来てくれてました。
なんだかんだ、夫の顔見てくだらない会話をするのが慣れない育児にテンパる私にとってなによりのストレス発散だった気がします。
産まれた当日から病院で川の字で寝れたのも嬉しかったなー(笑)
そんな入院生活でした。

スポンサーリンク
レクタングル大