出産の記録【出産~当日夜】

出産の記録【入院~出産】からの続きです。
会陰切開なしで産んだ赤ちゃんはすっごく綺麗でした、まるでお風呂上がりのような綺麗さ。
そしてへその緒が繋がったまますぐさま私の胸へ乗せてもらいカンガルーケア。
すっごい暖かかったです、いやほんとあの時の嬉しさは忘れられない。
それから助産師さんの指導のもと、夫がへその緒をカット。
そして一段落したところで先生が「お疲れ様、今から胎盤とか出すからね、もうひとふんばり!」とスタンバイ。
お産に比べれば大したことない痛みのもと胎盤も産み落としました。
「グロイの無理!」
と言ってた夫なので胎盤は私だけ見せてもらおうと思ってたのに「俺も見る!」と意外な反応。
私と夫と母の全員で胎盤も見せてもらいました。
その後の赤ちゃんの計測やら何やらは極力私のそばで行い、それ以外はずっと私の胸の上に赤ちゃんを乗せてもらってました。
産まれた瞬間から「でかっ!」と思っていたけどまさか3,600超えてるとはね…、痛いはずだよ…。
そして母乳チェック。
妊娠中は特におっぱいマッサージもしなかったし、「出産前なのに母乳が出た!」的な兆候もまったくなかったのでちゃんと母乳が出るか心配だったけど出た!
出産したらいきなり出始めた!
すごいなー、神秘。
たくさんピューってほどじゃないけど助産師さんが乳首を刺激したらちゃんとタラーっと母乳出ました。
そしたら助産師さんが「赤ちゃんが自力でおっぱいを見つけに行くからね」と言われて見ていたらほんとにズリズリ上ってくる、超可愛い何これ。
そしておっぱいのとこまできたら助産師さんがひょいっと私のおっぱいを赤ちゃんにくわえさせてくれた途端にチュパチュパ吸い始めて感動。
ひととおりの測定やら私の子宮チェックやら終えたら、
「出産から4時間はこのままこのお部屋で寝たままでいてくださいね」
と言われ母や夫とひたすら新生児を見つめてデレデレする時間を堪能。
この日の為に買ったデジイチでもひたすら撮りまくる。
ほんと、あんな絶叫を繰り返して発狂寸前だったのに目の前の新生児がかわいくてテンションあがりまくり。
今思えばあればアドレナリン効果だったんだろうなーって感じです。
母は途中で帰宅、夫が最後まで付き添ってくれました。
4時間後、助産師さんにトコちゃんベルトをしっかり装着してもらい産後初の「立ち上がり」。
「この瞬間がほんと大事なんです、ゆっくり、ゆっくりね」
とすごい慎重に扱われました。
そして産後初のトイレへ行くのですがさすがにこのときは助産師さんも一緒にトイレへ入ってもらい介助してもらいました。
予想以上の出血量にびっくり。
そして病室へ。
この日と翌日は夫も病室に泊ってくれ、早くも川の字になって寝ました。
初授乳はわけもわからない感じだったし、私の体も思うように動かないし、でこの二日間に夫が泊ってくれたことはすごく感謝。
こうして人生初の出産を迎えた8月4日が終わったのでした。